メモリの増設・・・最後はWindows メモリ診断でチェック

今日は、昨日の記事のつづきです。

ネットビジネスのブログではなく、
何となく、PC関連のブログみたいになりました。

メモリが正常に動作しているかをチェックします。

特に、ノーブランド品、バルク品は価格が安いので
ついつい「まあ、良いかぁ~」で買っちゃうことが
ありますよね~。
<!–more–>
にメモリエラーが発生する個体があります。

メモリを増設したら直ぐにチェックしましょう。

このチェックをサボって、
動作不安定なメモリを使っていると
OS、ソフトのフリーズや
心臓に悪い「ブルースクリーン」に
悩まされことになりますね。(^^ゞ

メモリも経年劣化により動作が不安定になることがあるので、
パソコンが不調時には、メモリ診断でメモリのチェックを
行なってください。

メモリ診断ツールの起動は、Windows 7では、
「スタート」 ⇒ 「コントロールパネル」 ⇒ 「管理ツール」
⇒ 「Windows メモリ診断」
の順で起動します。

では、昨日の続きの動画という事で、
Windowsメモリ診断のやり方の動画をどうそ!!

メモリの増設・・・動画の編集はメモリを喰います

ネット上で耳?にする話なのですが、memory
画像処理ソフトは、パソコンのメモリを
かなり使うそうです。

テキストファイルより画像ファイルの方が
ファイルサイズが圧倒的に大きいですよね。

その画像の編集を行なう画像処理ソフトはレイヤー、ヒストリーの管理を
行なう必要があるので、さらにメモリを必要とします。

画像は平面な2次元の世界ですが、
動画は1秒に24コマとか30コマの画像を撮影するのですから、
3次元的な画像といったイメージです。
「メモリの増設・・・動画の編集はメモリを喰います」の続きを読む…