グローバルメニューのリンクを別タブに表示する方法

こんにちは、星のGGです。

このブログはネットビジネスの初心者さんが対象です。

もしかして、この記事のタイトル
グローバルメニューのリンクを別タブに表示する方法
の意味が分からないという方もいらっしゃると思いますので、
簡単に説明をさせて頂きます。

Refine SNOWのテンプレートで説明していますが、
リンクを別タブに表示する方法は、
賢威などの他のテンプレートも殆ど同じです。

グローバルメニューとは

下図は、私のブログのスナップショットです。
グローバルメニュー」とは、図中の赤線部分のメニューです。

image

ブログ内のいろいろなページを開いても、
常に表示されるメニューなので「グローバルメニュー」と呼ばれています。

 

このメニューのそれぞれの項目をクリックすると、
現在表示されているページの上に、
メニュー項目に対応したリンク(ページ)が上被せで表示されます。

メニュー項目に対応したリンク(ページ)は、
通常、私のブログ内の記事なので、
私のブログ内でグルグル回っている感じですね。

グローバルメニューのリンクは上書きして表示される

今回、私はグローバルメニューに「星のGG動画」というリンク項目を追加しました。
これ項目をクリックすると、Youtubeの私のチャンネルが表示されます。

 

Youtubeは、私のブログから見ると、外部サイトです。
私のブログが表示が消えて、替りにYoutubeが表示されます。

image

楽しいYoutube、面白いYoutube、、、
私のブログは上書きされてブラウザ上から消えてしまいます。

再度、私のブログに戻って来てくれる可能性は低いと思いませんか?

これは、私のブログの滞在率、直帰率に影響します。

 

これって、困った問題ですよね。

せめて、私のブログはそのままで、Youtubeを別タブに表示させれば、
私の不安はかなり軽減されそうです。

こんな感じに、表示中の私のブログとは別にYoutube画面が表示される。
こうすれば、私のブログは残っているので、
読者さんがブログへ戻って来てくれる可能性がありますよね。

image

残念ながら、通常、ブログテンプレートのグローバルメニュー項目は
リンクを別タブに表示する設定になっていません。

別タブに表示するようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

グローバルメニューのリンクを別タブに表示する方法

サイドカラムなどにリンク付きの画像を設置する場合は、
直にHTMLソースを記述できるので、
リンクに target=”_blank” を追加すれば
リンク先を別タブに表示させることができます。

ところが、グローバルメニューに関しては、
一般的にHTMLソースを直に修正することができないようです。

ブログテンプレートの「グローバルメニー」の設定部分を開いてみましょう。
ダッシュボードから、「外観」 ⇒ 「メニュー」 と進むと、
グローバルメニューなどの設定画面が表示されます。

この画面では、すでにグローバルメニューは作成済です。

image

グローバルメニューに今回追加した項目「星のGG動画」の設定項目を開いても、
リンク先のサイトを別タブで開く設定項目は見当たりません。

image

外観」 ⇒ 「メニュー」 と進んで開いたメニュー画面の右上に
表示オプション」というタブがあります。
(下の図の①の部分です。)

この「表示オプション」のタブをクリックすると、
グローバルメニューに新たに追加できる設定項目が表示されます。
( 細い赤線で囲んだ部分 )

②の「リンクターゲット」にチェックをいれます。

image

そうすると、「星のGG動画」メニュー項目の設定項目に
リンクを新ウィンドウまたはタブで開く」がされます。

image

 
リンクを新ウィンドウまたはタブで開く」のチェックボックスにチェックを
いれて、「メニューを保存」ボタンを押しましょう。
image

 

画面をブログに切り替えて、
「F5」キーを押して、ブログの再読み込みを行なってください。

「星のGG動画」のリンク項目をクリックすると、
リンク先のYoutube画面が別リンクで開きます。
以上です。

WordPressのバックアップは重要。【 XSERVER版 】

WordPressのカスタマイズ、
プラグインのインストール(アップデート)など、
WordPress関連のファイルを変更する場合は、
不測の事態にそなえて、
事前に必ずWordPressのバックアップを取ることをお勧めします。

トラブルが発生して、どうしても解決できない場合、
時間が無駄にどんどん過ぎて行きます。

手早くWordPressを復旧するためにも、
バックアップを取ることをお勧めします。

ここでは、XSERVERでのWordPressのバックアップについて
まとめておきます。

なお、この記事は、SAS塾シニアコース・みりん専任講師 の
みりんが使っているエックスサーバーです!」の動画をもとに作成しました。
そちらの動画も併せてご覧ください。

XSERVERの自動バックアップデータ

所で、XSERVERは毎日、自動的にバックアップを取得しています。

何だ、自分でバックアップする必要はないじゃん、、、。
とお思いになるかも知れません。
最初は、私もそう思いました。

しかし、バックアップデータの提供は有料です。
1日分のデータ:16,200円。  (結構、お高いです。)
(2015.06.28現在。詳細は、こちらをご覧下さい。)
さらに、WordPressの復旧作業はあなた自身で行なわなければなりません。

これ位の金額は屁でもないとお考えの方は、バックアップは不要かも知れません。
私は自分でバックアップを取ることにしました。

WordPressのバックアップは、以下の2種類の情報のバックアップが必要です。

① サーバー領域のWeb・メールデータ
 WordPress、テンプレート、プラグインなど、
 ブログシステムを構築している情報群です。
② MySQLデータベースのデータ
 各種メニュー、ブログ記事、コメントなどブログのコンテンツに
 関するテーブルデータ情報群

【バックアップ取得1】 サーバー領域のWeb・メールデータ

【1】XSERVERへのログイン指定

下図の赤線の「ログイン」をクリックする。

WordpressBakcup_010


【2】 サーバーパネルのログイン

① サーバーパネルを選択する。
② サーバーID(ユーザID)、パスワードを入力する。
 パスワードを忘れた場合は、XSERVERのマニュアルのこちらから
 再発行の申請を行なってください。
③ 「ログイン」 ボタンを押す。

WordpressBakcup_020


【3】 Web・メールデータのバックアップ指定

下図の赤線の中の「バックアップ」をクリックする。

WordpressBakcup_030


【4】 バックアップするディレクトリの個別指定

バックアップするディレクトリの「ダウンロード」ボタンをクリックする。
今回は、このブログのある ”chootoku.com” のディレクトリのバックアップを行なう。

「ホームディレクトリ」を指定すると、全てのディレクトリのダウンロードを行なう。

WordpressBakcup_040

 

バックアップ取得2】 MySQL データベース

【1】 MySQLデータベースの処理指定
  サーバーパネルの「phpmyadmin(MySQLx.x)」をクリックする。
WordpressBakcup_110

【2】 データベースへのログイン

データベースへの未ログインの場合、ログイン画面が表示されます。
データベースへのユーザー名、パスワードを入力してログインして下さい。

WordpressBakcup_120

ユーザー名、パスワードを忘れた場合は、以下の方法で取得しましょう。

<ユーザー名、パスワードの取得方法>

(1) 上記で取得した「Web・メールデータ」のバックアップファイルを
  ダブルクリックして解凍します。

(2) バックアップファイルのフォルダを開いて、バックアップ対象の
  ドメイン名と同じ名前のフォルダをさがします。
  例えば、このブログのドメイン名はchootoku.comなので、
  chootoku.comというフォルダをさがします。

さらにそのフォルダの配下にあるpublic_htmlフォルダを開きます。
”wp-”で始まるフォルダ、ファイルが沢山あると思います。
その中から、wp-config.php というファイルを捜して、
TeraPad(テラパッド)などのテキストエディターで開いてください。

(3) wp-config.php において、以下の箇所を探し出してください。

YYYYYYYYYYの箇所がユーザー名、ZZZZZZZZZZZの箇所がパスワードです。

// ** MySQL 設定 – この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘XXXXXXXXXX’);
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘YYYYYYYYYY’);
/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘ZZZZZZZZZZZ’);

ユーザー名、パスワード入力時の注意事項
複数のURLをお持ちの場合は、wp-config.php によりユーザー名、
パスワードを必ず再確認してください。

< 理由 >
ユーザー名、パスワードの入力は面倒なので、クッキーによる
自動入力設定にすることが多いと思います。

自動入力にすると、
別のURL(URL2)のデータベースのバックアップを取る場合、
LOGIN画面には、最後にバックアップを取ったURL(URL1)の
ユーザー名、パスワードが表示されます。
そのままLOGINすると、次のURL(URL2)のバックアップする積りで、
実際は前回のURL(URL1)がバックアップされます。

こうなると、バックアップを取ってる積りで実際は取ってなかった
という事になるのでご注意ください。

 
【3】 処理対処データベースの指定
画面左側のInformation_schema 以外のデータベース名をクリックする。

WordpressBakcup_130


【3】 データベースのバックアップ指定 (エクスポート指定)
  データベースの「エクスポート」をクリックする。
WordpressBakcup_140


【4】 データベースのバックアップ指定 (エクスポート指定)

データベースのエクスポートの詳細を設定する。
下図において、

① 「全選択」をクリックする。
② 「SQL」にチェックが入っていることを確認する。
③ 「DROP TABLE・・・」にチェックを入れる。
④ 「ファイルに保存する」にチェックを入れる。
⑤ 「実行する」をクリックする。

以上で、データベースのエクスポートが始まります。

WordpressBakcup_150

 

 

またもや、グログが表示されなくなった。 (@_@;)

先日、このブログでWordPressの上書きをやってしまいましたが、
また、また、詰まらぬミスでブログがエラーとなって表示されません。

こんなエラー。
error_msg01_trim

ブログを形成してるファイルが見つからないようです。

でも、途中で分かったのですが、
記事へのダイレクトなURLを入力すると、
その記事は正しく表示されるんですよ。

実は、修正していたのはこのブログではなく、
別のブログです。

このブログのファイルの内容を参考にしながら、
別のブログのファイルを変更してたんですね。

サーバーとのファイル転送ソフトである FFFTP で
転送元、転送先を切り替えながら、

・ サーバーからPCへファイル転送、
・ ファイルの修正、
・ PCからサーバーへのファイル転送、

をやってたんですが、頭がうまく切り替わらない状態で、
ブログの切り替えをやってたみたいで、どうやら、どこかで
転送元ブログ、転送先のディレクトリを間違えたようです。

そんなことをやってる内に、ファイルがぐちゃぐちゃになっちゃって、
どうやっても、先述のエラーになってしまうんですよ。 ^^;

バックアップファイルも壊しちゃって、、

まあ良いかぁ、XSERVERで取っているバックアップから
リカバリーしてもらえば、、、と気楽に考えてました。

私よりネットビジネスに詳しい同じ塾の講師・みりんさん 曰く、
「でも、リカバリーは1万6000円くらいするそうですよ」。
 Σ(゚д゚;)

おっと、想定外の値段です。
そうですよね。
手間暇のかかる仕事を安値でやってくれる訳がありません。

ようやく見つけた手付かずのバックアップファイルから
 ・htaccess
  ・index.php
をサーバーに戻してやって、事なきを得ました。

別ブログのディレクトリ移動と作り直し作業がをやりながら、
こちらのブログエラーの対応だったので、
思いのほか、時間がかかりましたね。 (^^♪

昨日、ブログのWordPressを上書きしちゃいました。

昨日、WordPressを上書きして、
このブログを壊しました。 (@_@;)

 

 
新しいブログを作るために、
このドメイン(chootoku.com)のサブドメインに
Wordpressのインストールをする積りが、
このブログのドメインにインストールしちゃいましたね。

 
画面操作を動画に撮っていたので、原因が分かりました。

 
Wordpressの自動インストール画面の「ブログ名」や
「メールアドレス」を入力しないでインストールしようとすると
入力エラーになるんですね。 ^^;

 
この時、エラーメッセージを出すために
画面がリフレッシュされるんですが、
プルダウンメニューで選択した「インストールURL」も
リフレッシュされて、プルダウンメニューの先頭項目
( 先頭は、chootoku.com )に置き換わったようです。

それに気付かずに、
インストールを続行したという次第です。

 
「インストール(確定)」を押した時、
ふっと目に残像が残りました。
インストールURL  http://chootoku.com/

あれ?・・・と思いましたが、作業を続行。
でも、どうも何かがおかしい。

改めて、このブログ( chootoku.com )を表示してみると、、、
何んとも情けないブログが表示された~。。。 (@Д@

 
自分で取ったバックアップの日付を見ると 2015年4月18日。
古い~。

 
私の使っているXSERVERは過去1週間分の
バックアップを取っています。 ( DBは2週間分のようです。 )
XSERVERの「サーバーパネル」→
「アカウント」の「サーバー情報」→「バックアップ状況」
でバックアップの状況が見れます。

 
それで、XSERVERに電話してブログの復旧を
依頼しようと思ったら、、
電話対応は平日のみ。昨日は土曜日なので休み!?

 
でも一応、電話してみる。。
。。。レコーダーの声が聞こえるだけでした。
メールだと時間がかかりそう。。

 

取りあえず、ブログを2015年4月18日の状態に
戻すことにしました。

土曜、日曜は古い状態で持ち堪えて、
休み明けの月曜日にXSERVER に復旧を依頼しよう・・・。

という事で、FFFTPを立ち上げて、
サーバーの状態を見ると、、、
「おお、、もしかしたら?? ラッキー???」

 
思い出しました。
本来のWordPressは、ドメイン直下ではなく、
wpというディレクトリを作って
そこにインストールしてました。

上書きしたと思ったWordPressは、
ドメイン直下にインストールされています。
wpディレクトリの中を見ると
昔のファイルがそのまま残っています。

 
2015年4月18日のバックアップファイルから、
.htaccess ファイル と index.php をサーバーに転送。

そして、chootoku.com のブログを起動。。。

 

 
やったー!!
見事にブログが復活しました。

約30分間、ブログが壊れていました。

いやー、冷や汗~。。;;;;

皆さん、バックアップはこまめに取りましょうね。 ^^;
というお話でした。